女性に「美」を提供するビューディーアドバイザー

デパートなどの化粧品売り場で、女性のお客様に対してアドバイスをしながら商品を勧めるお仕事をしているのが美容部員です。

お肌の悩みを持つ女性やお化粧の選び方を迷っている女性などから話を聞き、カウンセリングをはじめ、必要であれば、その場でメイクを施し、その悩みなどを解決へと導くのが美容部員のお仕事。
その姿を目の当たりにしたことがある人も多いはず。

美容部員の仕事内容で最も重要なことは、こうした活動を通して、その売り場やショップで取り扱っている自社製品や自社のブランドの新商品をアピールし販売することです。

この美容部員は、BA(ビューティーアドバイザー)やBC(ビューティーカウンセラー)と表現されることもあります。
最近では若い女性を意識してか、美容部員の求人も、BA(ビューティーアドバイザー)やBC(ビューティーカウンセラー)といった表現で記載されることが多くなってきました。
基本的にはどの呼び名も同じ職種を指し、仕事内容も大きくは変わりません。

女性のお客様に対してメイクや化粧品のアドバイスをするとともに、商品を並べたり片付けや清掃といった地味な仕事もこなさなければなりません。
商品を買ってくれるお客様が現れれば、レジ打ちや包装・梱包なども行います。

意外と知られていない?美容部員のお給料事情とは

デパートなどで美容部員やBA(ビューティーアドバイザー)と呼ばれる女性を見ると、とても華やかで美しく見えるはず。

だからこそ多くの女性が憧れ、この職に就きたいと考える人が増えているのですが、待遇の面ではさほど恵まれているとは言えないでしょう。

美容部員の求人を見てみると分かりますが、お給料は平均月給で20万円程度となっています。
売り上げのいい美容部員ともなれば25万円から30万円ほど受け取れる可能性が出てくるものの、憧れだけではお給料はアップしません。

ただ、特別な資格を持たなくても就ける職業ですし、美に対する意識が上がり、メイクに詳しくなれるという大きなメリットがあります。
美意識の高い人にとっては、お給料以上のメリットが感じられる仕事となるでしょう。
お店を訪れる多くの女性に美しさを提供できる喜びも味わえるはずです。

特別な資格は必要ないと言いましたが、民間資格や認定試験の類は存在しています。
もし、美容部員について深く知った上でこの仕事に就きたいと考えているのであれば、勉強してみてもいいのかもしれません。

取得していると有利な資格

キャリアコンサルタント

・美容師免許
・メイクセラピー検定
・日本メイクアップ技術検定
・国際メイクアップアーティスト試験
・メイクアップアドバイザー検定
・カラーセラピスト試験
・接客心理検定
・美肌検定
・日本化粧品検定
・パーソナルカラリスト検定