未経験でも挑戦しやすいエステサロンの求人をチェック!

美容系の仕事へと転職したい女性におすすめしたいのが、エステティシャンのお仕事です。
おすすめする理由としては、エステサロンの求人が非常に多く需要が高いこと、そして、特に資格を必要としないことなどが挙げられます。

また、美意識向上に役立つことや、身体の構造などを知ることができ、自分の身体や顔、内面の美しさもアップさせられる知識やスキルが身につく点も、この仕事をおすすめする大きな理由です。

エステティシャンになりたいと思ったら、エステサロンの求人をチェックし応募してみましょう。
資格や経験がなくても応募可能な求人も多いので、未経験者でもチャレンジすることができます。

民間資格はいくつかありますが、もし必要であれば転職してから取得することも可能です。

どのような施術を行うサロンに転職するのかによって仕事内容は変わってきますが、共通しているのは、お客様とコミュニケーションを図りカウンセリングを行うことや、実際に顔や体などに対して施術を行うという点。

サロン内の掃除や電話対応、レジ管理、予約等の受付、それぞれのエステサロンで行なっている施術やサービスの紹介や説明なども任されることになるでしょう。

仕事内容やお店によって異なる給与額

エステサロンに勤める女性のお給料は、平均で大体22万円から23万円ほどとなるようです。
このお給料の額も、仕事内容や勤める店舗によって大きく違うので、しっかりとチェックしておきましょう。

ある程度の技術を身につければ、30万円から40万年の月収も可能です。
特に、高級エステサロンなどの求人では、かなり高額な給与額を提示しているので、もしそれに魅力を感じるようであればチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

応募の際には、仕事内容の詳細をしっかりとチェックするようにしてください。
エステティシャンといっても、担う仕事はジャンルや店舗によって変わってきます。

多くのサロンに共通する仕事内容は上で説明した通りですが、そもそもどのような施術を行うエステサロンなのか、これが重要なチェックポイントとなるでしょう。

フェイシャルエステ専門店もあれば、ボディケア専門店もあります。
痩身エステやヘッドスパ、ウエディング系エステなど、ジャンルはさまざま。
脱毛エステは近年で急激に成長してきた分野の一つ。

当然、これらジャンルによって仕事内容は変わってくるので、それを確かめてから応募するようにしましょう。

取得していると有利な資格

キャリアコンサルタント

・認定エステティシャン
・CIDESCOディプロマ
・AEA認定インターナショナルエステティシャン
・認定トータルエステティックアドバイザー
・認定上級エステティシャン
・認定衛生管理者
・認定ボディエステティシャン
・認定フェイシャルエステティシャン
・CODES-JAPON認定ソシオエステティシャン