美容師として働くのに必要な「美容師免許」

オシャレにとても敏感な女性が気になる職業の中には、美容師も含まれるでしょう。
髪型が変われば、人の印象も変わります。

それをたくさんの人に知ってもらいたい、自らの手で誰かを可愛く綺麗に変身させたい、そんな願望を持っている人は、美容師の道へと進むのも悪くはありません。
むしろ、とても素晴らしい選択となるはずです。

ただ、美容師になるためには、国家試験を受け合格する必要があります。
美容師免許を取得していない人は、美容室で働くことができても、お客様の髪の毛を切ったりなどすることはできないのです。
美容師の求人を見ても、ほぼ全てが応募資格として美容師免許保持者を挙げています。

もし美容師として働きたいのであれば、国家資格である美容師免許を取得するための勉強を始めましょう。
学校は昼間部と夜間部と通信科があるので、働きながらこの資格取得を目指す人でも勉強をスタートさせることは可能です。

もちろん、今すでに美容師免許を保持しているのであれば、すぐにでも転職することができます。

美容師の仕事内容は、髪の毛のカット、シャンプーやブロー、カラーリングやパーマなど。
お客様の話や要望を聞いたりなどのカウンセリングやヘアスタイルなどの提案も欠かせない仕事内容となります。

さらにお客様を不快にさせないよう、コミュニケーション能力も身につけなければなりません。
マッサージなどの技術も身につければ、より人気を獲得できるでしょう。

美容師の給料は技術と売り上げ次第

多くの人は、転職後、見習いとして働くことになるでしょう。
その時の給料は月に18万円から20万円ほどが平均ですが、お店によってはさらに低い給料で働かなければならないことも。

ただ、美容師は非常に夢のある仕事でもあります。
固定客がつけばその分給料の額を上げることができ、お店に所属している美容師でも40万円や50万円といった額を稼げることも珍しくはありません。

美容師の求人によって提示している給与額には差があり、30万円以上の数字が踊っているものも見つけることができるでしょう。

また、美容師は独立し自らのお店を立ち上げることも可能で、そうすれば収入は何倍にも膨れ上がることもあります。
そういう意味でも、夢のある職業であると言えるはず。

美容系の職業の中では資格が必要であったり下働きの時期が長かったりと特殊ではありますが、裏を返せば武器となるスキルや経験を身につけることができるため、目指す価値は十分に見出せるのではないでしょうか。

取得していると有利な資格

キャリアコンサルタント

管理美容師
色彩検定
着付け技能士
ネイリストに関する資格
メイクアップに関する資格