メイクやヘアスタイルを整えるお仕事です

メイクアップアーティストの仕事内容は、端的に言ってしまえば、美しくなりたいなどと考える人のメイクやヘアスタイルを整えることです。
メイクやヘアスタイルを整える相手は、非常に多岐に渡ります。
一般の人を相手にすることもあれば、モデルや俳優、その他芸能人や著名人を相手に腕を披露することもあるでしょう。

活躍の場も、当然それぞれ異なってきます。
一般の人を相手にするのであれば、例えばブライダル系の企業に勤めたりサロンなども転職先の候補となるでしょう。
メイクアップアーティストが所属するプロダクションなどに入り、そこからあらゆる現場へと派遣されることもあるかもしれません。

また、フリーとして活躍するメイクアップアーティストも多く、そうした人は芸能人やモデルなどの専属となれる可能性も高まります。

メイクやヘアスタイルを整えるためには、肌や髪質、化粧品などの知識はもちろん、相手の要望などを正確に汲み取るコミュニケーション能力も求められます。

新たな価値観が次々と生まれる世界でもありますから、そうしたことを情報として仕入れ、勉強・研究することも、この職業に就く者の仕事内容として押さえておくべきでしょう。

収入の差がとても激しい職業の一つ

上でも紹介したように、メイクアップアーティストが活躍できる場は、あちらこちらにあります。
それによってもお給料が異なってくるのですが、この職業は勤める先によってお給料の額の差がとても激しい点も一つの特徴です。

メイクアップアーティストの求人でよく見かけるブライダル関係の企業や写真撮影をするお店などでは、月給20万円前後が相場となるでしょう。
もちろん、経験次第でこれは徐々にアップさせていくことができます。

メイクアップアーティストの求人の中には、美容部員としてメーカーが募集をかけていることもしばしばありますが、このケースでも、おそらくお給料の額は月に20万円前後から始めることになりそうです。

プロダクションに所属したりフリーとして働く場合には、月給が10万円に満たないこともあるかもしれません。
その代わり、指名が増えたり誰かの専属となることができれば、月に100万円を超えるような収入も目指すことができます。

資格は必要ありません。
ただ、専門学校などが多く存在し、民間資格もいくつか見つけることができます。
また、メイクアップアーティストの求人の中には、美容師免許を必須としている、あるいはこの資格の保持者を優遇しているところも多いので、持っておくに越したことはないでしょう。

当然、資格があれば、それがお給料の額に反映することも考えられるため、転職するのであれば、このあたりも認識した上で志すことをおすすめします。

取得していると有利な資格

キャリアコンサルタント

・美容師免許
・JMAメイクアップ技術検定
・IBF国際メイクアップアーティスト
・メイクアップアドバイザー検定